D&Dのソーサラーのロールプレイ方法|魔力の源泉の力で呪文を改編するクラス

D&Dで呪文を操るクラスはたくさんありますが、ソーサラーがあります。ソーサラーを楽しむためにはウィザードやウォーロックとの違いを理解しておく必要があります。特にウィザードとは重複する点も多いので、初心者にもわかりやすいソーサラーのロールプレイ方法を解説します。

ソーサラーとは

ソーサラー
D&Dのソーサラーはプレイヤーズハンドブックにあるクラスで魔法職の一つです。ただウィザードが呪文書で呪文を学び、ウォーロックは契約相手から呪文を授かりますが、ソーサラーは内なる力を解放していくことで魔法の力を得ることができます。そのうちなる力とは魔力の起源であり、その自分に生まれながらに備わった魔力がどこからきたのものか、未知の何かに授けられたのかは様々です。この資質を持つものは珍しいためソーサラー自体も珍しい存在と言えます。天性の素質を持つ魔法使いをロールプレイしたいのであればソーサラーとなるでしょう。

初心者にはちょっと難しいけどおすすめの理由

ソーサラーはウィザードのように後方に控えて強力な呪文を使うようなクラスと言えます。極力近接戦闘は避けつつ、安全な場所から強力な呪文を放つ点ではウィザードと同じです。しかし、ウィザードと異なる部分では魔力点を用いて呪文に変化を加えることができるなど、クリエイティブな魔法使いを演じるにもってこいの職業と言えます。

自分に潜む内なる魔力を使うソーサラー呪文

ソーサラー呪文は基本的にはウィザード呪文と同じものであり、数で言えばウィザード呪文より少ないです。そのため相手に大ダメージを与えることができる広範囲の攻撃呪文も充実しています。またウィザードでは使えない呪文では「エンハンス・アビリティ」といった能力を強化するものや、「インセクト・プレイグ」など一部クレリックが使うことができる呪文も含まれます。

習得できる呪文数はソーサラー・レベルによって決まっている。

武器で叩きあわず、スタイリッシュにプレイできる

武器を構えての接近戦はあまりありません。というか極力避けた方が良いでしょう。クラスの中では最低のヒットダイスであり、防具の習熟がないためすぐにHPが0になる可能性もあります。ただし、スリングやライト・クロスボウには習熟があるため遠距離攻撃であれば少しは役に立ちますが初級呪文の方が良い場合が多いです。なお、竜の血脈や嵐の魔法のように、近接呪文を使いながら戦うスタイルもあります。

ヒットポイントは【1d6+耐久力修正値】。
ソーサラーレベルが上がる毎に【1d6+耐久力修正値】追加。ロールせず固定の場合は【4+耐久力修正値】。

呪文の修正に必要な「魔力の源泉」を持つ

ソーサラーは生まれながらにして魔力の源泉を持ち、その力は「魔力点」として使うことが可能になります。魔力点はソーサラーのレベルに決まっており、呪文の修正のほかにボーナスアクションを使用して呪文スロットに変換したり、逆に未使用の呪文スロットを魔力点に変換することもできます。なお6レベル以上の呪文スロットは生成することはできず、生成した呪文スロットは大休憩で消滅します。

生成する呪文スロットのレベル 必要魔力点
1 2
2 3
3 5
4 6
5 7

呪文スロットから魔力点への変更は呪文スロットのレベルと等しい魔力点に変換できます。

呪文スロットから魔力点へ変換する時のレベルと魔力点は1:1ですが、魔力点から呪文スロットを作成するのには多くの魔力点が必要で変換効率は悪いです。

呪文修正能力

ソーサラーは魔力点を消費すれば発動できる呪文すべてに変化を及ぼすことができ、呪文の効果や発動条件、射程、高速化や時間延長を行うことができるほか、セービングスローに関与したり、対象を増やしたりすることができます。特に低レベル帯では呪文の二重化は有効であり、高レベルになるとダメージロールの振り直しが可能な呪文威力強化が有効です。また高速化もファイナルファンタジーの赤魔道士の「れんぞくま」のように呪文を使うことができます。また魔力点を消費して呪文スロットを増やしたり、逆に呪文スロットを消費して魔力点を増やすことも可能です。*はターシャの万能釜で追加されたものです。

呪文威力強化

呪文発動時に魔力点を1点消費して魅力修正値を等しい個数までのダメージダイスの振り直しができます。振り直した場合はそちらの値がダメージに適用されます。

ダメージを与えるダイスの数が多いほど、低い目が出た時の再ロールに意味があります。ただし、再ロールして下がる可能性もあります。

呪文発動秘匿

呪文発動時に魔力点を1点消費することで呪文発動に必要な動作要素や音声要素なしで発動できます。

呪文射程延長

呪文発動時に魔力点を1点消費することで呪文の射程を伸ばすことができます。射程5フィート以上の呪文は射程を2倍に、射程が接触の呪文は射程30フィートにできます。

接触の射程を30フィートにできるので近接呪文攻撃を遠隔呪文攻撃にすることができます。

呪文高速化

呪文発動時に魔力点を2点消費することで発動時間を短縮することができます。1アクション呪文をその発動に限り1回のボーナスアクションで発動することができます。

1アクション呪文をボーナスアクションで発動しても、同じターンでのアクションでは初級呪文以外の呪文を使うことができません。裏を返せば初級呪文を連射してダメージを与える戦い方が可能になります。

呪文持続時間延長

呪文発動時に魔力点を1点消費することで持続時間を伸ばすことができます。持続時間が1分以上の呪文に限り、その持続時間が2倍になります。持続時間の延長は最大でも24時間までです。

精神集中を要する呪文を延長した場合も、精神集中は必要です。

呪文セーヴ妨害

呪文発動時に魔力点を3点消費することで呪文をセーヴされにくくできます。セーヴィングスローが必要な呪文を発動する際、呪文の目標一体にその目標が行う最初のセーヴに不利をつけることができます。

セーヴされると効果が出ない「チャーム・パースン」など魅了する呪文にはこの呪文修正が役に立ちます。

呪文敵味方識別

呪文発動時に魔力点を1点消費することで味方に呪文の影響が及ばないようにできます。セーヴィングスローが必要な呪文を発動する際、魅力修正値と等しい味方を指定することでその味方は自動で敵にセーヴに成功します。

呪文二重化

目標が1人の呪文発動時に魔力点をその呪文と等しいレベル分消費することで対象を2体にできます。目標は1人の呪文しか適用されず、2人目も射程の中にいる必要があります。「マジック・ミサイル」のように対象を増やすことができる呪文を二重化することはできません。

呪文敵探査*/Seeking Spell

呪文攻撃が外れた時に魔力点を2点消費することで、呪文攻撃の再ロールができ、再ロールの結果が必ず適用されます。すでに呪文修正がされていてもこの特徴は使用できます。

「ターシャの万能釜」で追加された特徴で、DMが承認した場合選ぶことができます。攻撃ロールが必要な呪文でのみ使うことができ、何度外れても魔力点さえ消費すれば攻撃ロールを続けることができます。失敗できない呪文の攻撃ロールの時に使うと良いでしょう。

呪文変換*/Transmuted spell

呪文発動時に魔力点を1点消費することで呪文のダメージ種別を変更できます。変更可能なダメージ種別は酸・冷気・火・電撃・毒・雷鳴です。

「ターシャの万能釜」で追加された特徴で、DMが承認した時に選ぶことができます。サブクラスが嵐の魔法であればダメージ種別を電撃や雷鳴にすることでのメリットは多くあります。また、高レベルの敵はダメージに抵抗を持つこともあるので、種別が変更できると効率的にダメージを当てることができます。

初級呪文は使い放題

ソーサラーは1レベルの時点で初級呪文を4つ取得しています。この初級呪文は準備する必要がなくスロットの残りと関係なく回数無制限で使用することができます。呪文の内容はウィザードと変わりませんが、同レベルでの初級呪文取得数はソーサラーの方が1つ多いです。

  • アシッド・スプラッシュ ・・・ 酸の泡を投げつける
  • ショッキング・グラスプ ・・・ 手で触れて電撃ダメージを与える
  • ダンシング・ライツ ・・・ 空間に光の球体を作り動かす
  • チル・タッチ ・・・ ガイコツの手をしがみつかせてダメージを与える
  • トゥルー・ストライク ・・・ 次ターンの攻撃に有利を得る
  • ファイアー・ボルト ・・・ 炎の矢を飛ばしダメージを与える
  • ブレード・ウォード ・・・ 守りの護印を作り殴打・斬撃・刺突ダメージへの抵抗を得る
  • プレスティディジテイション ・・・ 奇術に使える演出ができる
  • フレンズ ・・・ 非敵対者に対しての魅了判定に有利を得る
  • ポイズン・スプレー ・・・ 手のひらから毒ガスを放つ
  • マイナー・イリュージョン ・・・ 1つの音か映像を作り出す
  • メイジ・ハンド ・・・ 空中に手を作り出し動かす
  • メンディング ・・・ 物体の傷の修理
  • ライト ・・・ 一つの物体から周囲を明るく照らす
  • レイ・オブ・フロスト ・・・ 冷気エネルギーのビームを放つ

また「ザナサーの百科全書」では次の初級呪文も追加されています。

  • インフェスティション ・・・ ダニ・ノミなど寄生生物を大量に発生させる
  • ガスト ・・・ 突風を起こす
  • クリエイト・ボンファイアー ・・・ 焚き火を作りだす
  • コントロール・フレイムズ ・・・ 魔法ではない火を操る
  • サンダークラップ ・・・ 遠くまで聞こえる雷鳴が炸裂する
  • シェイプ・ウォーター ・・・ 水を操る
  • フロストバイト ・・・ 凍えるような霜で覆いダメージを与える
  • マジック・ストーン ・・・ 投擲する小石に魔力を吹き込む

また「ソードコースト冒険者ガイド」では次の呪文が追加されています。

  • グリーンフレーム・ブレード・・・近接武器攻撃命中時に2体目にむかって緑の炎が飛んでいく
  • ソード・バースト・・・術者の周囲5フィートに無数の刃が飛び交い薙ぎ払う
  • ブーミング・ブレイド・・・近接武器攻撃命中時に動いたらダメージを与える雷鳴を帯びさせる
  • ライトニング・ルアー・・・電撃の鞭で打ち据え引き寄せる。

また「ターシャの万能釜」では次の呪文が追加されています。

  • Mind sliver・・・精神ダメージを与え、セーブしにくくする

初級呪文は呪文スロットがなくなった時の命綱なのでダメージを与える魔法ばかりを選ぶのではなくバランスよく選ぶ方が良でしょう。特にソーサラーの場合は呪文高速化を使うのであれば初級呪文をよく使うことになるでしょう。

魔力の汎用性*/Socerous Versatility

「ターシャの万能釜」で追加されたオプションルールで、4レベル以降能力値が上昇するレベルに達する時に以下のことができます。

  • 呪文修正能力を別の呪文修正能力に変更できる
  • 初級呪文を別のソーサラー呪文の初級呪文に変更できる

この特徴はオプションルールであるため適用するかはDMが決定します。

魔法の手引き*/Magic Guidance

「ターシャの万能釜」で追加されたオプションルールで、5レベルになると魔力の源泉に触れることで失敗を成功に変えることができる。能力値判定に失敗した時に魔力点を1点消費することで再ロールができ、新しい目が適用されます。この特徴により失敗が成功に変わる可能性があります。

この特徴はオプションルールであるため適用するかはDMが決定します。

魔力点高速回復

レベル20になると小休憩するたびに消費済みの魔力点が4ポイント回復します。

ソーサラーの魔力の起源

魔力の起源
ソーサラーは自分の魔力がどこから来ているのか。その起源によりソーサラーの特徴は大きく変わり、プレイヤーズハンドブックでは「竜の血脈」「荒ぶる魔法」の2種類、ザナサーの百科全書では「嵐の魔法」「影の魔法」「神の魂」の3つ、ターシャの万能釜では「精神異常(Aberrant)」「時計仕掛けの魂(Clockwork Soul)」があります。

サブクラス/魔力の起源 ルールブック 説明
竜の血脈 PHB 自身に流れる竜の血から魔力を得ており、竜の持つ強靭さや翼を持つことができます。
荒ぶる魔法 PHB 宇宙の秩序の裏に潜む荒れ狂う混沌の力から得られます。混沌の魔力により呪文を使うと魔法暴走を起こすことがあります。
嵐の魔法 XGE 風の元素から得られます。
影の魔法 XGE シャドウフェルから影の力を得られます。
神の魂 XGE 自身の中に光る神の力を魔力の起源とし、クレリック呪文を修得することができます。。
精神異常*(Aberrant) TCE 他人には理解できない事柄から超能力の魔力を得ており、精神に関わることを得意とします。
時計仕掛けの魂*(Clockwork Soul) TCE 時計仕掛けの涅槃境メカヌスのような法やプロセスが効率の良く精密に定まっている秩序の次元界から得られます。
月の魔法*(Clunar Magic) 明かされた秘密(Unearthed Arcana)でまだ非公式のサブクラス。世界の月を起源とする魔力を持ち、月の満ち欠けによって変化する特徴を持ち、呪文修正のコストを下げます。

起源選び選びは好みのスタイルで。特に良し悪しはないのでどのような特徴を得意とするソーサラーかを決めると選びやすい。

ソーサラーに求める能力値

ソーサラーは呪文の成功に大きく関わる「魅力」が最優先です。ウィザードでは「知性」が元となりますが、ソーサラー呪文では「魅力」が重要であり、「知性」は必要がありません。次に生き残るためにHPに関わる「耐久力」のどちらかでしょう。

呪文発動能力値は習熟ボーナス+「魅力」修正値

おすすめのロールプレイ方法

ソーサラーはウィザード同様後方から強力な呪文を放つことにあります。極力接近戦は避けて、呪文を強化していくことが重要です。もちろん使える呪文の「効果範囲」「射程」「効果時間」「ダメージ」は把握しておく必要があります。竜の血脈のようにサブクラスによっては近〜中距離で呪文を使う戦闘方法を取ることができます。魔力点を使い、自分の戦闘スタイルに合わせた呪文修正が鍵となります。

戦闘時

ソーサラーは呪文で強化することは可能ですが、それよりもウィザードのように高い攻撃力を求められることが多いです。また、使える呪文を修正することで状況に合わせた呪文の使い方も可能になります。

  1. ポジショニング ・・・ 極力相手との距離を保ちます。魔力点があれば射程を伸ばすなどして距離を維持することも有効です。
  2. アクション ・・・魔力点を活用した呪文で攻撃を行う。
  3. ボーナスアクション ・・・魔力点を用いて高速化させればボーナスアクションで呪文が使えるので状況に応じて使用。
  4. リアクション ・・・ サブクラスの持つ特徴や攻撃を受けることで発動する「シールド」などのほか、待機させた呪文を発動させる。

ソーサラーはウィザードと同じように直接大ダメージを与える呪文が多く、また魔力点を用いてどのような修正ができるかがポイントとなります。

ソーサラーは他の魔法職とは異なり呪文スロットの残りについてはあまり悩む必要はありません。呪文スロットが残っても魔力点に変換することが可能です。ただスロットも魔力点も余るということもあり得るので、呪文の修正で魔力点をよく消費していきたいところです。

非戦闘時

ソーサラーは知識と力を求める人物ではありません。ウィザードのように知力がストロングポイントというわけではなく、たまたま生まれ持った魔法の資質が発動しただけの存在です。ただソーサラーの多くは「魅力」が高いため、「威圧」や「ペテン」「説得」といった魅力を最大限に活かすことができるスキルもあるので交渉の場面でも活躍します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ソーサラーはウィザードを柔軟にした魔法職ですが、呪文を修正するというクリエイティブなイメージがなければ難しいかもしれません。ただ呪文の効果的な使い方さえ理解できればウィザードよりも立ち回りが面白くなります。まずは修得している呪文をどのように修正できるか、どのような場面であれば使えるかをイメージしてソーサラーの立ち回り方を押さえておくと良いです。ぜひとも魔法の天才の実力と苦悩を演じることができるソーサラーをやってみましょう。
ダンジョンズ&ドラゴンズ クラス・サブクラス一覧はこちら

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥5,936 (2022/05/19 12:07:10時点 Amazon調べ-詳細)
D&Dを満喫するための9つの種族と12クラス、呪文や武器、戦闘ルールや能力値の使用方法など満載。プレイヤー必携の基本ルールブックです!

Dungeons&Dragons、D&D、それぞれのロゴ、およびすべてのWizardsのタイトルとキャラクターは、米国およびその他の国のWizards of the CoastLLCの所有物です。

あなたにオススメの記事