One D&DのUAで公開された種族の解説

目次

One D&Dの種族

先日One・D&Dの発表があり、すぐにUAの第一弾として種族や背景などキャラクター作成で使う分が発表されました。その中でD&D5版と大きく異なっている部分があり、特に種族はこれまで種族に紐づけられていた能力値の増加などは背景に紐づけられています。また、新しくアードリングが追加されたことやハーフエルフとハーフオークが一旦外されています。

PHBから無くなったものPHBには無く、追加されたもの
属性、言語、能力値上昇、ハーフエルフ、ハーフオーク一部の種族の小型サイズ、一部の種族の特徴、アードリング、オーク

能力値上昇や属性を無くしたことで、種族関係なしにさまざまなクラスでキャラクターを作りやすくなっています。例えばドワーフは力強さやタフネスが強みのため前衛職ばかりだったのが、ウィザードやソーサラーを作っても能力値的に損をすることはありません。同様に敏捷性がウリだったハーフリングがバリバリの筋力型ファイターも作りやすくなっています。またアライメントの縛りも無くしたので自由な性格設定も可能になっています。

ヒューマン

世界に一番多いとされる種族です。PHBにあったヒューマンの選択ルールが無くなり、他種族と同様に特徴を持っています。

Creature Type人型
サイズ小型(2~4フィート)または中型(4~7フィート)
移動速度30フィート
寿命80年

ヒューマンの特徴

ヒューマンは次のような特徴を持ちます。

臨機応変(Resourceful)

大休憩が終了する時はいつでもインスピレーションを得ます。

巧みな技術(Skillful)

選んだ一つの技能の習熟を得ます。

汎用性(Versatile)

選んだ技能の特技または他の1レベル特技を得ます。

アードリング

アードリングはPHBにはなかった種族でOneで追加されています。上方次元界の存在1人以上を祖先に持つ種族であり、動物に似た頭部を持っています。この動物は獰猛な野生生物ではなく徳の高い動物を連想させたものです。動物によっては、柔らかい毛皮、綿毛のような羽毛、あるいはしなやかな素肌を持っていることもあります。この動物はアードリングが持つセレスチャルの遺産(Exalted、Heavenly、Idyllic)によってどの動物に似ているかが決定されます。またアードリングは、セレスチャルの遺産から魔法的な力を得て、虹色の翼を発現させることができるようになる。アードリングの道徳観や倫理観は、先祖代々受け継がれてきたものでなく、自ら決定することができます。

Creature Type人型
サイズ小型(2~4フィート)または中型(4~7フィート)
移動速度30フィート
寿命200年
  • 高貴(Exalted)・・・上方次元界のアルボレアの激しい情熱、イスガルドの英雄的な心、そしてビーストランドの不思議な自然が、エグザルトのセレスチャルの遺産を持つアードリングに呼びかけています。彼らの天界の祖先は、カオティック・グッドの世界の英雄的なチャンピオンです。
  • 天上(Heavenly)・・・上方次元界のアルカディアの至福の調和、セレスティア山の揺るぎない正義、バイトピアの牧歌的な楽園は、セレスチャルの遺産を持つアードリングの魂に触れることができます。彼らの天界の祖先は、ローフル・グッドの世界の強固な守護者なのです。
  • 牧歌的(Idyllic)・・・イディリックの天界の遺産は、アードリングとビーストランドやバイトピアだけでなく、エリュシオンの永遠の慈愛にもつながっています。彼らの天界の祖先は、ニュートラル・グッドの世界からやってきた優しさの模範生です。

アードリングの特徴

アードリングは以下の特徴を持ちます。

天使の飛翔(Angelic Flight)

ボーナスアクションとして一瞬だけ虹色の翼を生やし、自分の移動速度に等しいフィート数まで飛ぶことができます。この動作の終了時に空中にいる場合、何もなければ(体を固定する状態になければ)落下します。このボーナス・アクションは習熟ボーナスと同じ回数だけ使用することができ、長い休息を終えると使用した回数をすべて回復します。

セレスチャルの遺産(Celestial Legacy)

魔法の能力を付与するセレスチャルの遺産を受け取っています。「セレスチャルの遺産」の表から遺産を選択します。カオティック・グッドの物質界に関連する「高貴」、ローフル・グッドの物質界に関連する「天上」、ニュートラル・グッドの物質界に関連する「牧歌的」があり、選んだ遺産の最初の恩恵である初級呪文を修得することができます。表には各レガシーの候補がいくつか示されています(空を飛ぶことができる動物を選んでも翼は得られません)。
レベル3から、そしてレベル5で、この特徴を使ってより高いレベルの呪文を唱えられるようになります。一度この特徴を持つ呪文を唱えると、長い休息を終えるまでその呪文を再び唱えることはできなません。しかし、あなたが持っている適切なレベルのスペル・スロットを使ってそのスペルを唱えることは可能です。知力、判断力、魅力のいずれかが、この特徴で唱え呪文の呪文発動能力です(レガシーを選択する際に能力を選択します)。

セレスチャルの遺産推奨動物1レベル3レベル5レベル
高貴(Exalted)猫、鷲、羊、ラバ(Cat, eagle, goat, mule)ソーマタージーディヴァイン・フェイヴァーレッサー・レストレーション
天上(Heavenly)象、フクロウ、豚、コウノトリ(Elephant, owl, pig, stork)ライトキュア・ウーンズゾーン・オヴ・トゥルース
牧歌的熊、犬、カラス、カエル(Bear, dog, raven, toad)ガイダンスヒーリング・ワードアニマル・メッセンジャー
ダメージ抵抗(Damage Resistance)

光輝ダメージに抵抗を得ます。

ドラゴンボーン

ドラゴンボーンはドラゴンを祖先に持つ種族です。基本的にはPHBと同じです。

初期のドラゴンボーンはクロマティックドラゴンとメタリックドラゴンの卵から孵ったとされています。またある説では、これらの卵は竜の神バハムートとティアマトの祝福を受けたとされ、彼らは竜の世界に彼らのイメージに基づいた人々を生み出すことを望んだ。また、神々の祝福を受けずにドラゴンが最初のドラゴンボーンを作ったという説もあります。その起源が何であれ、ドラゴンボーンは物質層の世界に住処を築いています。

外見は翼のない二足歩行のドラゴンのような姿をしており、鱗があり、目がぱっちりしていて、骨太で、頭には角があります。ドラゴンボーンの祖先は黒、青、緑、赤、白の鱗を持ち、金属系の祖先は真鍮、青銅、銅、金、銀の鱗を持っています。鱗の色が異なる2人のドラゴンボーンが子供を産むと、その子供の鱗はどちらかの親の鱗と同じ色になります。ドラゴンの祖先と同様、ドラゴンボーンは酸、冷気、火、雷、毒を吐き出すことができ、そのエネルギーの種類は、ドラゴンボーンの鱗の色で判別することができます。

Creature Type人型
サイズ中型(5~7フィート)
移動速度30フィート
寿命80年

ドラゴンボーンの特徴

ドラゴンボーンの特徴は以下のものです。PHBには無かった暗視を持っています。

祖先の竜(Draconic Ancestry)

系譜がドラゴンの子孫に由来しています。竜の祖先の表からドラゴンの種類を選択し、ブレスウェポンとダメージ抵抗の特性に影響を与えます。また、選択したドラゴンは外見にも影響を与え、そのドラゴンを思わせる色彩やその他の特徴を持つようになります。

ドラゴンダメージ種別
Black酸(Acid)
Blue電撃(Lightning)
Brass火(Fire)
Bronze電撃(Lightning)
Copper酸(Acid)
Gold火(Fire)
Green毒(Poison)
Red火(Fire)
Silver冷気(Cold)
White冷気(Cold)
ブレスウェポン(Breath Weapon)

アクションとして、15フィートの円錐上に破壊的なエネルギーを吐き出すことができます。その範囲内にいる各クリーチャーは、8+あなたの耐久力修正+あなたの習熟ボーナスに等しい呪文難易度に対して、敏捷力セービング・スローを行なう必要があります。セーヴに失敗した場合、クリーチャーは1d10+君のキャラクター・レベルのダメージを受け、そのダメージの種類は君の「竜の祖先」の特徴によって決定されます。セーヴに成功した場合、クリーチャーはその半分のダメージを受けます。このブレス・ウェポンは習熟ボーナスと同じ回数だけ使用でき、大休息を終えると使用した回数がすべて回復すします。

ダメージ抵抗(Damage Resistance)

「竜の祖先」により決定したダメージ種別に抵抗を得ます。

暗視(Darkvision)

60フィートの暗視を持ちます。

竜の言語(Draconic Language)

本能的に竜語を知っています。したがって竜語の読み書き、会話ができます。

ドワーフ

ドワーフは基本的にPHBと一緒ですが、マウンテン・ドワーフとヒル・ドワーフという亜種族が無くなっています。太古の昔、鍛冶の神によって大地から生み出され、その神はドワーフに石と金属への親和性を与え、地下に住むことを可能にしています。ドワーフの原型は、山腹や地中に都市や砦を彫ることであり、その姿は痩せこけ、しばしば髭を生やしており、最も古い伝説には山頂やアンダーダークに住むモンスター(高くそびえる巨人や地底の恐怖など)との戦いが語られています。これらの物語に触発され、どの文化圏のドワーフもしばしば勇ましい行為を、特に小さき者が強き者に打ち勝つことを歌い上げています。

Creature Type人型
サイズ中型(4~5フィート)
移動速度30フィート
寿命350年

ドワーフの特徴

ドワーフの特徴は以下のものです。PHBにあったほぼ使わないためか石工の勘は無くなり、代わりに石伝いに振動を感知する能力を得ています。

暗視(Darkvision)

60フィートの暗視を持ちます。

ドワーフの忍耐力(Dwarven Resilience)

毒へのダメージ抵抗を持ちます。また、毒状態を回避したり終了させるために行うセービングスローに有利を得ます。

ドワーフの強靭性(Dwarven Toughness)

耐久力の最大値が1ポイント増加します。またレベルが上がる時はいつでも1ポイント増加します。

鍛治の賢者(Forge Wise)

神の創造主により石や金属を扱う不思議な親和性を与えられています。以下のオプションの中から2つを選んで、道具の習熟を得ます。

  • 宝石職人の道具
  • 石工の道具
  • 鍛冶屋の道具
  • 鋳造工の道具
石の智慧(Stonecunning)

ボーナス・アクションとして、10分間60フィートの範囲を持つ振動知覚(Tremorsense)を得ます。この振動知覚を使用するには、石の表面上にいるか、そのような表面に触れている必要があります。石は自然のものでも加工されたものでも問題ありません。このボーナス・アクションは習熟ボーナスと同じ回数だけ使用でき、大休息を終えると使用した回数をすべて回復します。

振動知覚(Tremorsense)はOne D&Dで追加された知覚で、物体の振動を通して振動源の存在の位置を感知することができます。

エルフ

エルフも基本的にはPHBと同じです。エルフの歴史は長く、コレロン神によって創られた最初のエルフは、自分の意志で肉体を変化させることができていました。しかし、エルフはロルスというエルフの神と共謀し、コレロンの支配権を奪おうとしたが失敗したため、コレロンからアーヴァンドールから追放され、この肉体を変げさせる能力を失いました。ロルスがアビスに落とされたとき、ほとんどのエルフは彼女の裏切りを認め、コレロンの許しを得たが、コレロンがエルフから奪ったものは永遠に失われました。

エルフは自由に変身することができなくなり、フェイワイルドに引きこもり、フェイワイルドの影響を受けながら悲しみを深めていった。やがて、エルフの多くは放浪癖と好奇心から、物質界を含む他の存在次元を探検するようになっています。エルフは、アンダーダークにはドラウ、物質界のフェイの近親にはハイエルフ、森にはウッドエルフというように、自分との絆がある環境の特徴を取り込む神秘的な能力を持っています。このような絆によって、エルフはある種の魔法を使えるようになります。

エルフは長寿と記憶力に恵まれています。また、生まれつき眠らず、休息するときはトランス状態になります。このとき、エルフは周囲の状況を把握しながら、自分自身の記憶に没頭することができます。エルフが何を記憶しているかは、トランス状態に入ってからどれくらいの時間が経つかによって大きく変わります。

Creature Type人型
サイズ中型(5~6フィート)
移動速度30フィート
寿命750年
  • ドラウ・・・白い髪とくすんだ灰色の肌の色で知られるドラウは、通常アンダーダークに住んでいます。例外として、ドリズッドとジャーラクスルという忘れられた領域の冒険者がいるものの、彼らは地下の故郷を避けています。ドラウの社会にはアンダーダークを完全に避けているものもあり、エベロンの世界ではゼンドリク大陸の陰鬱な熱帯雨林やサイクロペア遺跡に住んでいます。
  • ハイエルフ・・・世界によっては、ハイエルフは他の名前で呼ばれることもあります。フォーゴトン・レルムのトリルではサンエルフとムーンエルフが、ドラゴンランスのクリンではシルバネスティとクオリネスティが、エベロンではエアレナルがハイエルフと呼ばれています。
  • ウッドエルフ・・・多元宇宙において、ワイルドエルフ、グリーンエルフ、フォレストエルフなど多くの別の名前で知られています。Grugach(グルガッハ)はグレイホークのオーアスに住む隠遁者のウッドエルフで、カゴネスティとターナダルはそれぞれクリンとエベロンのウッドエルフです。

エルフの特徴

暗視(Darkvision)

60フィートの暗視を持ちます。

エルフの系譜(Elven Lineage)

あなたはエルフの系譜を受け継いでおり超自然的な能力を得ることができます。エルフの系譜の表から系譜を選んでください。アンダーダークの系譜であるドラウ、フェイの近親やその他の魔法の場所の系譜であるハイエルフ、原始林の系譜であるウッドエルフの中から、エルフの系譜表から系譜を選び、その系統の1レベルの恩恵を受けることができます。

レベル3から、そしてレベル5で、この特徴が持つ呪文を唱える能力も得ます。一度この特徴が持つ呪文を唱えると、大休憩を終えるまでその呪文を再び唱えることはできませんが、適切なレベルの呪文スロットを使用すれば、その呪文を唱えることができます。この特徴で唱えた呪文には、地力、判断力、魅力のいずれかの能力が適用されます(系統選択時に選択します)。

エルフの系譜1レベル3レベル/th>5レベル
ドラウ(Drow)暗視の射程が120フィートに増加します。初級呪文ダンシング・ライツを修得します。フェアリー・ファイアーダークネス
ハイ・エルフ(High Elf)初級呪文プレスティディジテーションを修得します。大休憩を終了した時はいつでも、初級呪文を秘術呪文リストから異なる初級呪文と入れ替えることができます。ディテクト・マジックミスティ・ステップ
ウッド・エルフ(Wood Elf)移動速度が35フィートに増加します。初級呪文ドルイドクラフトを修得します。ロングストライダーパス・ウィズアウト・トレイス
フェイの血筋(Fey Ancestry)

魅了を回避したり終了させるセーヴィング・スローに有利を得ます。

鋭敏な感覚(Keen Senses)

知覚技能に習熟を得ます。

トランス(Trance)

睡眠が必要なく、魔法で眠らされることもありません。もし、その時間を恍惚とした瞑想に費やし、その間に意識を保てば4時間で大休憩を終了することができます。

ノーム

ノームも基本的にはPHBと同じです。ノームは勤勉、発明、策略、地下生活を司る神々によって生み出された魔法の民です。秘密主義的な性格と、森の中や丘の中腹、山の下の広大な巣穴に隠れ住むという性質から、初期のノームは他の民族の目に触れることはほとんどありませんでした。体格は劣るが、それを補ってあまりある賢さと狡猾さがあり、精巧な罠や低くて狭い迷路のようなトンネルで捕食者を混乱させていました。また、きらめく黄金のガール、荒野を彷徨う者ベイアヴァン、影に身を覆いし者ベアラヴァールといった神々から有用な魔法を学んでいます。なお、この神はしばしば(通常は変装して)ノームの中に住んでいたりしています。

ノームは小柄で、大きな目、尖った耳、そして切ない想像力を持った人々です。彼らの祖先がトンネルや深い森の天蓋の下に隠れていた時代を思い起こすと、多くのノームは、たとえその「屋根」が単なる帽子に過ぎないとしても、頭の上に屋根がある感覚を好みます。

Creature Type人型
サイズ小型(3~4フィート)
移動速度30フィート
寿命425年

ノームの特徴

ノームの特徴は以下のものがあります。PHBにあったロック・ノームのからくり職人の特徴が若干柔軟性を持っています。

暗視(Darkvision)

60フィートの暗視を持ちます。

ノームの機転(Gnomish Cunning)

知力、判断力、魅力のセーヴィング・スローに有利を得ます。

ノームの系譜(Gnomish Lineage)

超自然的な能力を付与するノームの系譜の一員であり、ノームの系譜の表から系統を選択します。魔法に満ちた森の系譜であるフォレスト・ノーム、または原始の山の系譜であるロック・ノームがあり、その系譜の恩恵を受けることができます。
この特徴で唱える呪文に必要な能力は、知力、判断力、魅力のいずれかです(系統を選択する際に能力を選択します)。

ノームの系譜恩恵
フォレスト・ノーム(Forest Gnome)初級呪文マイナー・イリュージョンを修得しています。また、この特徴でスピーク・ウィズ・アニマルズ呪文を唱えることができます。この特徴で唱えることができるのは習熟ボーナスと同じ回数だけ使用することができ、大休憩を終えると使用した回数がすべて回復します。
ロック・ノーム(Rock Gnome)初級呪文メンディングとプレスティディジテーションを修得しています。さらに、10分間を費やしプレスティディジテーションを唱えると、おもちゃや火起こし、オルゴールのような小さな時計仕掛けの装置(AC5、HP1)を作ることができます。この呪文を唱えるには10GP分の材料(糸や歯車など)を消費するため、呪文を唱える際に用意する必要があります。

その装置は、あなたか他のクリーチャーがボーナス・アクションでその装置に触れて起動するたびに、その効果を発揮します。選ばれた効果にオプションがある場合、あなたはその装置の作成時にそれらのオプションのうち1つを選びます。例えば、呪文の発火-消火の効果を選んだ場合、あなたはその装置が火を点けるか消すかを決定し、その装置は両方を行うことはありません。

このような装置は同時に3つ持つことができ、各装置は作成から8時間後に解体されます。また、アクションとして自分の装置1つに触れ、それを解体することができます。装置が解体された後、その装置の作成に使用された材料10GPは再生することができます。

ハーフリング

ハーフリングも基本的にはPHBと同じです。生命、家庭、囲炉裏を大切にする神々によって導かれたハーフリングは、家族やコミュニティが彼らの人生を形作る、田舎風の隠れ家を好みます。しかし、多くのハーフリングは勇敢な冒険心に恵まれ(呪われているとも言える)、発見の旅に出かけ、より広い世界を探索し、その過程で新しい友人を作る機会を与えられます。人間の子供と変わらない大きさのため、不要な絡まりを避けたり、狭い場所に入り込んだり出たりするのに役立ちます。

ハーフリングが死の危険にさらされたとき、まるで目に見えない力がハーフリングのために介入しているかのように見え、多くのハーフリングは幸運の力を信じており、その異常な才能はヨンダラ、ブランドバリス、シャルマレインなどの慈悲深い神々のおかげだと考えています。

Creature Type人型
サイズ小型(2~3フィート)
移動速度30フィート
寿命150年

ハーフリングの特徴

ハーフリングの特徴は以下のものがあります。

ハーフリングの勇気(Brave)

恐怖状態を回避したり終了させるセーヴィングスローに有利を得ます。

ハーフリングの敏捷性(Halfling Nimbleness)

自分より大きいサイズのクリーチャーが占めているスペース通り過ぎることができますが、そこで止まることはできません。

ハーフリングの幸運(Luck)

d20テスト(攻撃ロール、能力判定、セーヴィングスロー)のロールで1が出た時は、再ロールすることができます。ロール結果には再ロールした値が適用されます。

生まれながらの隠密性(Naturally Stealthy)

隠密技能に習熟を得ます。

オーク

PHBにはハーフオークはあり、追加でオークをキャラクターの種族として使えるようになりましたが、Oneではハーフオークが無くなりオークが追加されます。

オークの起源は、止められない戦士であり、強力な指導者であった「一つ目の神」グルムシューです。グルムシューは、モンスターに悩まされる世界で成功するために、自分の子供たちにある種の才能を授けました。たとえ彼らが他の神々に献身的になったとしても、オークは「一つ目の神」が彼らに与えた贈り物、すなわち力、耐久力、決断力、そして暗闇を見通す能力を持ち続けます。

オークの体格は平均して背が高く、横幅が広くあります。灰色の肌、小さく尖った耳、小さな牙のような下顎が特徴的です。若いオークはしばしば、彼らの祖先が森でエルフと、山の下でドワーフと、そして邪悪な次元界からの侵略者と、古代から争ってきたことを聞かされます。そのような物語に触発され、若いオークはしばしば、グルムシューがいつ先祖の英雄的行為に匹敵することを求めてくるか、自分は”一つ目の神”の恩寵に値するかどうか、と考えています。

Creature Type人型
サイズ中型(6~7フィート)
移動速度30フィート
寿命80年

オークの特徴

アドレナリン・ラッシュ(Adrenaline Rush)

ボーナス・アクションを使い早足アクションを取ることができます。この時習熟ボーナスに等しい値の一時的hpを得ます。この特徴は習熟ボーナスと等しい回数使用することができ、大休憩が終了する時に使用した回数を回復します。

暗視(Darkvision)

60フィートの暗視を持ちます。

パワフル・ビルド(Powerful Build)

押したり引いたり持ち上げられたり運ばれる時は自分を大型サイズとして扱うことができます。

執拗なまでの耐久力(Relentless Endurance)

ヒットポイントを0にされても死なない場合、代わりにヒットポイントを1まで落とすことができます。一度この特徴を使用すると、大休憩を終えるまで再び使用することはできなません。

ティーフリング

ティーフリングも基本的にPHBと同じです。ティフリングは下層界で生まれたか、下層界を起源とする悪魔の先祖を1人以上持っており、デヴィル、デーモン、ユーゴロス、その他のフィーンドと血縁関係にあります。この下方次元界とのつながりは、良くも悪くもティーフリングのフィーンドの遺産(Abyssal、Chthonic、Infernal)であり、それは力の約束とともにもたらされますが、ティーフリングの道徳観には何の影響も与えません。外見もPHBと基本的に変わりませんが、ティーフリングが受け継いだ遺産によってその影響を受けていることにしやすくできます。

Creature Type人型
サイズ小型(3~4フィート)または中型(4~7フィート)
移動速度30フィート
寿命100年
  • 深淵(Abyssal)・・・下方次元界のアビスの無情なエントロピー、パンデモニウムの吠えるような混沌、カルケリの広大な絶望が、深淵のフィーンドの遺産を持つティフリングを呼び寄せます。角、毛皮、牙、黒い血、特異な臭いがそのようなティーフリングの共通の身体的特徴であり、そのほとんどは悪魔の血が脈々と流れています。
  • 地下(Chthonic)・・・地下のフィーンドの遺産を持つティーフリングは、カルケリだけでなく、ゲヘナの強欲とハデスの冥界の陰鬱を感じています。これらのティーフリングの中には、死体のような姿の者もいます。また、インキュバスやサキュバスのような神秘的な美しさを持つ者や、ナイトバグ、ユーゴロス、その他のニュートラル・イーヴィルの悪魔の祖先と共通する身体的特徴を持つ者もいます。
  • 地獄(Infernal)・・・地獄のフィーンドの遺産は、ゲヘナだけでなく、アケロンの激戦地や極悪非道な九層地獄とも血縁を結んでいます。角、棘、尾、金色の目、かすかな硫黄や煙の臭いがそのようなティフリングの共通の特徴であり、そのほとんどが悪魔を祖先とするものです。

ティーフリングの特徴

暗視(Darkvision)

60フィートの暗視を持ちます。

フィーンドの遺産(Fiendish Legacy)

超自然的な能力を付与する悪魔の遺産を受け取ったことになり、フィーンドの遺産表から遺産を選択します。カオティック・イーヴィルの物質界に関連する深淵、ニュートラル・イーヴィルの物質界に関連する地下、ローフル・イーヴィルのプレーンに関連する地獄で、選ばれた遺産の1レベルの恩恵を受けます。
レベル3から、そしてレベル5で、あなたはこの特徴を持つより高いレベルの呪文を唱えられるようになります。一度この特徴を持つ呪文を唱えると、大休憩を終えるまで、その呪文を再び唱えることができません。ただし、適切なレベルの呪文スロットを使えば、その呪文を唱えることはできます。この特徴で唱えた呪文には、知力、判断力、魅力のいずれかの能力が適用されます(系統選択時に選択します)。

フィーンドの遺産1レベル3レベル5レベル
深淵(Abyssal)毒ダメージに抵抗を得ます。初級呪文ポイズン・スプレーを修得します。レイ・オヴ・シックネスホールド・パースン
地下(Chthonic)死霊ダメージに抵抗を得ます。初級呪文チル・タッチを修得します。フォールス・ライフレイ・オヴ・エンフィーブルメント
地獄(Infernal)火ダメージに抵抗を得ます。初級呪文ファイアー・ボルトを修得します。ヘリッシュ・リビュークダークネス
異世界の存在(Otherworldly Presence)

初級呪文ソーマタージーを修得します。この特徴でこの呪文を発動させる時、呪文は選んだフィーンドの遺産で使用するのと同じ呪文能力を使用します。

まとめ

いかがでしたか?OneD&Dでは種族の扱い方がPHBとは少し異なり、能力値上昇やアライメントの縛りがなくなったことでキャラクター作成の精神的自由度が上がっています。ドワーフのウィザードやハーフリングのパラディンなど、これまでミスマッチと思われるような種族とクラスの組み合わせもしやすくなっています。背景も考える必要がありますが、是非ともOneを使って遊んでみましょう!


※なおUAは英語であり、訳は正式なものではございません。

関連記事一覧