初めてのダンジョンマスターが覚えておくべきD&Dの攻撃を解説

ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)の戦闘中のアクションので一番多いアクションは攻撃です。各プレイヤーが戦闘手順を全て覚えているのであれば良いですが、自分であまりしなさそうな行為に対してはなかなか覚えることはありません。しかしダンジョンマスター(DM)の場合はプレイヤーが予期せぬ行動に出たり、シナリオの演出上必要だったりとあらゆる攻撃での処理を覚えておく必要があります。初めてのDMをする上でも覚えておきたいD&Dの攻撃手順について解説します。

DMが覚えておくべき攻撃の処理手順

攻撃手順
まずDMは攻撃の流れを理解しておく必要があります。武器や呪文を使って相手にダメージを与えようとする行動を攻撃と言いますが、攻撃と一言で言っても成立するまでのプロセスに「目標の選択」「修正値を決める」「攻撃ロール」の3段階を踏む必要があります。

  1. 目標の選択
  2. 修正値を決める
  3. 攻撃ロール

プレイヤーのターンの場合は「目標の選択」および「攻撃ロール」はプレイヤーが決定しますが、状況による修正が入る場合はDMが適切に修正値を加えて処理する必要があります。

目標の選択

まず攻撃するにはどの目標を攻撃するか決めなくてはなりません。それには攻撃が届く範囲に目標がある必要があり、届かない場合は先に距離を縮めて射程に入る必要があります。

修正値を決める

次にDMの作業になりますが、目標の遮蔽の有無や有利・不利、呪文効果や特殊能力、環境などによるボーナスやペナルティを決める必要があります。ここが一番のDMび腕の見せ所であり、修正の理由となる状況描写が上手にできると

攻撃ロールで攻撃の成否を判定する

目標と修正値が決まってからようやくd20での攻撃ロールを行うことができます。d20のダイスの目に修正値を加算した結果が目標のアーマークラス(AC)以上であれば攻撃はヒットします。

アーマークラスとは防御能力を表し、攻撃のヒットを防ぐ、またはダメージを通さない能力と言えるでしょう。軽装鎧では動きの良さである敏捷力修正値がACに加算されますし、重装鎧では元々のACが高いものばかりです。また盾を持つことでACが上昇します。

攻撃ロールに影響を及ぼす修正値

キャラクターが攻撃をする際に影響を及ぼす修正値に能力修正値習熟ボーナスがあります。近接攻撃の場合は筋力の能力修正値を加算し、遠隔攻撃の場合は敏捷力の修正値を加算します。ただしショートソードやダガーなど「妙技」特性が付く武器は筋力か敏捷力か好きな方を選ぶことができます。またウィザードの呪文には知力の修正値、クレリックの呪文には判断力を使います。

攻撃ロール適用する能力修正値
近接攻撃筋力
遠隔攻撃敏捷力
「妙技」特性のある武器を使った攻撃筋力 or 敏捷力
ウィザードの呪文知力
クレリックの呪文判断力

冒険者アルファは筋力の能力値修正は+3、習熟ボーナスが単純武器に+2あります。1ラウンド目の自分のターンで目の前のゴブリンをハンドアックスで攻撃します。攻撃ロールのd20の目は10で筋力修正値が+3であることから、攻撃ロールのロール結果は15です。ゴブリンのACは15なのでアルファの攻撃はヒットし、ゴブリンを倒しました。

ファンブルとクリティカルヒット

ファンブル
どんなベテランでも失敗することはあり、またどんな素人でも奇跡的に成功するというが現実世界でもあります。TRPGでのロールでは一定の確率で絶対に失敗を表すファンブルと絶対に成功するクリティカルがあります。D&Dの攻撃ロールでも同様のものがあり、1d20でダイスの目が1の場合は、能力の修正値や相手のAC関係なく攻撃失敗になります。逆に1d20の目が20だった場合、修正値や相手のAC関係なく攻撃はヒットします。このクリティカルヒットが発生するとより多くのダメージを与えることができる。

見えない相手との戦い

D&Dでは隠れていたり、暗闇の中だったり、インビジビリティの呪文効果を受けている相手など見えない相手と戦うこともあり得ます。攻撃側が相手を見えない場合は攻撃ロールに「不利」がつきます。逆に防御側が相手を見ることができない場合は攻撃ロールに「有利」がつきます。

見えない状態有利・不利
自分が相手から見えない攻撃に「有利」が付く
相手が自分から見えない攻撃に「不利」が付く

間合いで戦う近接攻撃

5フィート以内の目標に対して武器を持って攻撃、または素手による攻撃、相手に接触を伴うような呪文攻撃を近接攻撃と言います。大きいサイズのモンスターは5フィート以上の間合いを有している場合があります。

離れて戦う遠隔攻撃

弓やクロスボウ、ナイフやハンドアックスなどを投げる投擲で行う攻撃を遠距離攻撃と言います。また遠距離から放つ呪文攻撃も遠隔攻撃になります。

遠隔攻撃は射程の影響を受ける

遠隔攻撃ができる武器には射程があります。射程の最大値は遠隔攻撃の射程限界でそれ以上の距離には攻撃することができません。また通常射程を超えた場合は攻撃ロールに「不利」が付きます

接近戦で遠隔攻撃は難しい

自分の間合い(5フィート)以内に敵がいて自分を狙えるような状況では遠隔攻撃の狙いをつけることが難しくなります。そのため武器や呪文の攻撃ロールに「不利」が付きます。これは遠隔武器で接近戦を行うほかに、別の標的を遠隔攻撃しようとしていても近くで敵に狙われていると「不利」を受けます。遠隔攻撃は近すぎず遠すぎずが一番成功しやすいです。

間合いから離れると発生する機会攻撃

戦闘では誰でも相手の隙をついて効果的な一撃を入れたいと考えているでしょう。近接距離での戦闘中は間合い(5フィート)内に敵がいる場合に、その間合いから外れるような移動を行うとその行為がトリガーとなり、相手にリアクションで攻撃を与える隙を誘発していしまいます。これを機会攻撃と言います。機会攻撃は相手が間合いから外れる直前にリアクションとして判定されます。

冒険者アルファは貴族の子供の護衛のため、ゴブリン三匹と戦っています。ゴブリンのターンでうち一匹がアルファの横をすり抜けて子供を狙おうとしました。すり抜けしようと動いた行動がトリガーとなり、アルファにリアクションの機会攻撃が与えられました。アルファは攻撃ロールを行いクリティカル・ヒット!!すり抜けようとしたゴブリンの頭部にハンドアックスを命中させ一撃で倒しました。

では戦闘中に機会攻撃を与えずに離れる方法は?となるとアクションとして離脱を行う必要があります。またアクションやリアクションを使わない他の力(吹き飛ばされたりなど)での移動にも機会攻撃は発生しません。なおリアクションは1ラウンドで1回しか行うことはできない、というルールもあるので相手がリアクション済みであれば機会攻撃を受けることはありません

冒険者アルファは二匹のゴブリンと対峙しています。ゴブリンは移動速度が30フィートでボーナス・アクションで隠れ身と離脱を行うことができます。ゴブリンのターンで危機を感じているゴブリンのうち一匹はボーナス・アクションの離脱を使い、アクションで早足を行い60フィート移動しました。離脱を使ったことで相手のリアクションの「機会攻撃」は発生せず、相手から距離を置くことができました。しかしアルファは射程で不利を受けながらもハンドアックスを投げつけゴブリンに命中させました。

軽武器でのできる二刀流

モンスターハンターの双剣のように両手に武器を持って優雅に立ち回りたい冒険者も多いことでしょう。D&Dではそのような願望を叶えるように二刀流のルールがあります。二刀流のメリットはメインの武器を使った攻撃アクションとは別にボーナスアクションとして別の手に持った武器で攻撃することができます。二刀流のルールは以下の通りです。

  • 両手に持つ武器が「軽武器」の特性があること
  • ボーナスアクションでの攻撃には能力値修正が足すことができない。ただしマイナスの場合は加算される。

ダガーやハンドアックスなど軽武器で勝つ投擲可能な場合は近接攻撃の代わりに投擲することもできます。

冒険者アルファは両手にハンドアックスを持って戦っています。二匹のゴブリンを相手をしていましたが一匹は離脱して逃走を始めました。アルファのターンで目の前のゴブリンを攻撃しヒット。強烈な一撃を浴びせて倒しました。そしてボーナスアクションを使い、もう一つのハンドアックスで逃走したゴブリンに投げつけました。二刀流のボーナスアクションであるため筋力の能力修正値は加算されず、また射程距離の影響もあり「不利」が付きました。攻撃ロールは19と17で「不利」の結果17がロール結果となりましたが、ゴブリンのAC15以上だったために攻撃は命中しました。

遮蔽物は目標側にボーナスがつく

戦闘においては色々なものが障害物になります。家具や柱、木など物質的なものや人を間に挟むなど生物を遮蔽物として使う方法もあります。遮蔽物を上手く使えば攻撃を困難にすることができ、アーマークラス(AC)と敏捷力セーブにボーナスを得ることができます。なお遮蔽物での効果は攻撃の起点や効果が発生する場所と目標の間に遮蔽物がある時のみ効果があリます。

目標の遮蔽保有状態該当する障害物目標に与えられる影響
1/2遮蔽低い壁、大きな調度品、細い木の幹、人やモンスターなど目標の体の1/2以上が隠れるものACと敏捷力セーブに+2
3/4遮蔽鉄格子、矢狭間、太い木の幹など目標の3/4以上が隠れるものACと敏捷力セーブにに+5
完全遮蔽壁など全く見えなくなるもの直線的な目標に選ぶことは不可。ただし呪文の効果範囲に含まれることはあり。

まとめ

いかがでしたか?これでダンジョンズ&ドラゴンズでの攻撃手順や特殊な戦闘方法が分かったと思います。近接戦闘や遠隔攻撃のほか、機会攻撃や二刀流など個性あふれる戦い方も全てルールとして明確になっているのでキャラクターも行いやすくなっています。またDMもルールに則って攻撃を処理していけば負担も少ないでしょう。今回の内容はどちらかというとDMが押さえておくと良い内容ですが、楽しいロールプレイを目指す上でもみんなで覚えると良いですね。

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥6,312 (2022/09/20 13:34:55時点 Amazon調べ-詳細)
ダンジョンマスター(DM)に必要な情報が満載!シナリオ進行を円滑にするためのアイデアや細かい判定を行うためのルールなどDM必携のコア・ルールブックです!

関連記事一覧