シャッガイからの昆虫(シャン)とは|人間に寄生する昆虫族のクトゥルフ神話生物

シャッガイからの昆虫(シャン)とは

シャッガイからの昆虫(シャン)(Insects from Shaggai)はクトゥルフ神話TRPGに登場するクリーチャーであり、その巨大な昆虫の外見からプレイヤーによく知られている存在です。もともとは緑光の二重太陽の惑星シャッガイで誕生した昆虫族ですが、シャッガイが崩壊したあと星を転々として地球にたどり着いています。

「 私のほうに向かって飛んでくるものすごいスピードにもかかわらず、私は膨れ上がる恐怖の中で奴らをよく観察することができた。憎しみを持って私を睨み付けるまぶたのない大きな瞳、頭のところから宇宙のリズムで曲がりくねって出ていて、両先端がくっつきあっている巻きひげ、10本の足、光沢のある触肢に覆われているその10本の足は、青白い下腹の方に折り曲げられている。半円形の固い翼は、三角形の 鱗で覆われている。しかしこんな描写では、魂も凍るあいつの恐ろしい姿を説明したところにはならない。それが私に向かってまっしぐらに飛んでくるのだ。私は見た。あいつには口が3つ付いていて、その濡れた口が動い未来、今、それが私の目の前にある。」    ーーラムジー・キャンベル「妖虫」

シャッガイからの昆虫(シャン)の画像

シャッガイからの昆虫の画像です。なお、フリー素材ではなく出典元を表示していますのでそちらもご確認ください。
シャン
出典:lovecraft.fandom.com

シャン2
出典:yog-blogsoth.blogspot.com

出自

初出はイギリスのホラー1964年にアーカムハウスから短編集『The Inhabitant of the Lake and Less Welcome Tenants』に収録されて発表された小説家ラムジー・キャンベルの短編ホラー小説『妖虫』です。

生息地

シャンはシャッガイ星が消滅したあと、ザイクロトル星、サゴン星を経てルギハクス星(天王星)に移住したものの、宗教トラブルが起きたため地球上のイギリスのゴーツウッドの森にアザトースの神殿ごと出現し、そのまま森に生息しています。ただし、長い視点でみれば流浪中です。

生態

昼は痴愚神を礼拝し、夜は外出して犠牲者に催眠術をかけて空き地に呼び出します。知性を持ち、念力を集中させて武器や道具を扱うことができます。発達した科学力を有しているものの、異常な嗜好を満たす以外頭に無い凶悪な種族で、様々な拷問機具を製造しては同族以外の生物を虐げています。

集団行動

シャンはアザトースを崇拝しており、「アザトースの種子」を安全な道具に加工できる唯一無二の技術を持ちます。もともと星全体でアザトースに傾倒したことにより、過激に追求していった結果、故郷を滅ぼしてして放浪の種族となっています。

狩りと食性

シャンはエサを食べるということがありません。そのためシャンの精神性は頽廃しており、かつては他の星から生物を拉致してきて拷問にかける娯楽に興じたり、奇怪な生物を見つけては鑑賞して楽しんでいました。ゴーツウッドの森でも自分を崇拝する魔女の脳内に記憶を流し込みます。

繁殖と生活周期

シャンが昆虫の特性を考えると雌雄はあると考えられますが、繁殖については不明です。寿命は遥かに長く生体に成長するまでに数世紀かかります。

人間との関係

シャンにとって人間は奴隷として扱う存在です。アザトースに生贄を捧げるためにカルトの人間を支配していたり、政治の中枢にいる者を支配している事もあります。最終的には地球の新たな支配者となろうと企んでいます。

特徴

シャンは寄生体であるため完全には物質的な存在ではありません。その中途半端な物質的な体は鳥ほどの大きさしかありません。見た目は鱗粉のある半円形の畝のある革のような三角の羽で地球の大気の中でも飛行できます。眼は大きく、顔は平たい作りなっており、頭から節のある巻きひげ状の器官が突き出し、濡れた3つの口を持ちます。脚は10本あり、黒光りする毛が生えています。

神経むち

チカチカと青白く光り、その光を投射されたものは激しい苦痛に襲われ、地面をのたうち回ります。

神経むちは近接戦闘とは若干異なり、光を相手に当てようとします。この攻撃にダメージはなく、POW対抗ロールに失敗すると苦痛に襲われ地面をのたうち回ります。成功しても苦痛を感じます。

巨大な羽

昆虫の持つ三角の羽は地球の大気にも対応しており、人が歩いて移動する約3倍の速さで飛行することができます。素早い動きのため高い回避能力を持ちます。

融合

シャンは人体の組織をすり抜けて人間の脳に飛び込み、そこに留まろうとします。脳に留まられた生物は徐々に体の支配を奪われ、最終的には全てを支配されます。ただし、この人間が凶器に陥った場合、宿主として不適当とみなされ廃棄されます。

装甲

昆虫のように固い体を持っていそうですが装甲は0であり、ダメージを減らすことはできません。

外見による影響

シャンを目撃した人は巨大な虫のような外見から正気度を失う事があります。

正気度ロールによる失う正気度ポイントは「0/1D6」。

シャンの呪文

シャンは知性を持ち、いくつか(2D10)の呪文を使うことができます。修得している呪文の一つは「アザトースの招来」が含まれます。

シャンのステータス

シャンの詳細はマレウス・モンストロルムまたはルールブックを参照してください。

シャッガイからの昆虫(シャン)の倒し方

シャンは上手に戦えば決して戦えない相手ではありません。耐久力も1や2程度で装甲も無いため、攻撃が当たりさえすれば倒すことができます。ただし、高い回避能力と神経むちの攻撃があるため、一対一であれば攻撃できずにのたうち回り融合される可能性があります。また呪文も使うことができるので油断していると逆にやられるでしょう。小さい相手とはいえ複数人で攻撃した方が良いでしょう。サイズ的に複数体いてもおかしくないので周りにも注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?シャンは探索者では手に負えない相手ではありません。サイズや外見からしたら余裕で倒せると思いがちですが、知能を持つ怪物であるため油断は禁物です。シャンは高い技術で拷問をしようと襲いかかってくるので、その時は全力で戦うと良いでしょう。

created by Rinker
KADOKAWA
¥6,490 (2022/09/27 20:07:14時点 Amazon調べ-詳細)
クトゥルフ神話TRPGの最新版のルールブックです。能力値の見直しや技能の変更、プッシュロールや戦闘マヌーバの追加など、6版のテイストを継承してルールが新しくなりました!神話生物の情報もあるのでこれ一冊で遊べます。キーパー、プレイヤー必携のルールブックです。

関連記事一覧