法律の使い方|法律を武器に立ち回るためにクトゥルフ神話TRPGの技能


クトゥルフにはさまざまな知識系のスキルがあり、その知識をうまく活用することで重要な手がかりを得ることがあります。法律も知識系技能の一つであり、国や地域で公式に取り決められているルールを理解します。ただ、どのような場面で使えるのかがわかりにくいので、初心者にもわかりやすいように法律の使い方を解説します。

法律とは

法律
クトゥルフ神話TRPGでの法律とは、できる技能の一つです。そもそも法律とは社会生活を保つために定めた、支配的(特に国家的)な規範であり、クトゥルフ神話TRPGにおいても探索者が生息する舞台にある社会生活を保つものです。そのためキーパーによっては現実世界と異なる法律が存在することもあり得ます。ただ、基本的ロールプレイの舞台は地球であるため、一般的な倫理観と同じで法律も同じになります。この法律については細かすぎてもキーパーの負担にしかならないので、ざっくりとした合法違法の裁定に用いるくらいでよいでしょう。合法であれば何も問題はありませんが、違法であれば逮捕拘束されたり、社会的地位を失ったり、犯罪者と判断されて撃たれたりとさまざまな危険が伴うものかもしれません。

法律の使い方

法律は民法や刑法を覚えているというものだけではなく、法律に関連するあらゆる物事を網羅していると考えられます。ゲーム的に言えば過去の判例から事件の関係者を思い出したり、法律の手続き方法を利用して時間稼ぎをしたり、キーパーによっては法律の知識を用いて相手を論破しやすくしたりと、実際にプレイヤーが知らなくても法律を使ってキャラクターができることはたくさんあります。

法律の知識

探索者は法律の知識を使うことで、探索者やNPCが行う行動や事実が合法であるかどうかを判断することができます。実際のセッションでは法律の知識を使うことでNPCや会社組織の行動が違法かどうか理解することで、法を無視する立ち位置にいるか判断することができます。また、不当な契約を結ばれそうな時に法律の知識で見破ることができるので、その契約がもたらす不利益も理解することができます。法律の知識は主に以下のような場面で活用できます。

  • 合法・違法の判断
  • 法令の理解
  • 契約書の理解
  • 法務手続きの理解

探索者取る行動が合法かどうかについてはロールする必要はないでしょう。なお、無意味に合法かどうかの判断はキーパーに負担がかかるため、キーパーはセッションの流れと関係ないのであれば「重要ではない」ということを告げる方が望ましいです。

判例の検索

法律に精通している人は過去の判例に辿り着きやすくなります。「図書館」や「コンピューター」といった検索系の技能のように、過去の判例に特化した情報を探し出すときに使用します。判例にたどり着くことで過去に起きた事件の情報を入手することができ、そこから現在につながる事件を類推することができるかもしれません。

法律事務所を開業する

法律の技能が高く「信用」っも高い場合、自身で法律事務所を開業していることがあります。法律事務所の開業はキーパーとの相談にもよりますが、十分な時間と資金が必要となる場合があります。また、時代や移民などのキャラクターの背景が障害となることもあります。

ゲーム的には探索者が開業していようがしていまいが大きく影響はありませんが、セッション開始時のきっかけ作りや探索者同士の関連性を持たせる設定に活用することはできます。

法律を用いた交渉

これはあくまでもキーパー裁量になりますが、法律の知識を用いて他者を言いくるめたり説得したりする場合、交渉系の技能の代わりに法律を用いても良いかもしれません。通常の交渉系技能は論理的な話術や感情を揺さぶるテクニックが用いられますが、法律を用いることで法律に詳しくない相手を丸め込んだり黙らせたりできます。特にグレーなことをしていると理解している相手に法律をチラつかせることは効果的でしょう。

法律技能を難易度

法律への難易度は探索者がどれだけ事件や法律に詳しいか、状況や地域性を理解しているかなどが目安になります。正確なジャッジを下すためにも調査時間は必要でしょう。また大企業相手に立ち回るような場合は簡単な法律ではなく、利権が絡む複雑な案件として難易度が上がります。

難易度説明
レギュラー一般的な法務知識。時間をかけて調査ができる
ハード利権が複雑に絡んでいる。調査に時間をかけられない

イリノイ州弁護士であるジョーイ(法律89)は凄惨な殺人事件を起こしたロイド容疑者から弁護を依頼されています。ロイドは無実を訴えており、常識では考えられないようなことを言っています。ジョーイは過去に同様の事件が起きていないかを調べることにしました。キーパーは過去の判例を調べるとし、ジョーイに法律の難易度レギュラーでロールを指示すると、ジョーイは17で成功しました!その結果、ジョーイは50年前に同様の事件が起きて容疑者がロイドと同様のことを言っていたことを知り、事件に何か関連があるのでは?と疑問を持ちました。

法律を保有する職業

法律を持つ職業は限られており、弁護士や裁判官、検事など法務にを携わるものがあります。また、知的犯罪を得意とする犯罪者なども法の穴を掻い潜るために法律は詳しいでしょう。

  • 弁護士
  • 裁判官
  • 検察官
  • インテリヤクザ

キーパー視点での法律の使い所

法律は探索者が使い所が難しい技能なので、キーパーが使い所を用意しておくことが必要です。過去の事件と結び付けることを重要視するのであれば技能ロールを使わない方が安定しますが、法律技能を設定することでさらに重要な情報(ゴールに近づくためのもの)を与えることも可能です。また、法律に長けた探索者がいる場合はキーパーから交渉などでの使い所を提案してあげた方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?法律は使い所がわかりにくい、キーパー頼みの技能の一つと言えます。法律は人間の社会のものであるため神話生物やその影響を受けている存在には意味のないものかもしれませんが、大企業が違法に隠している秘密を暴いたり、過去の大事件との類似点を見つけ解決の糸口を見つけたりと、大掛かりなシナリオを展開する時に活用できるでしょう。また交渉技能の代替方法としても使えそうなので、キーパーは是非ともシナリオに法律の使い所を盛り込んでみましょう。

created by Rinker
KADOKAWA
¥6,490 (2024/04/20 07:18:49時点 Amazon調べ-詳細)
クトゥルフ神話TRPGの最新版のルールブックです。能力値の見直しや技能の変更、プッシュロールや戦闘マヌーバの追加など、6版のテイストを継承してルールが新しくなりました!神話生物の情報もあるのでこれ一冊で遊べます。キーパー、プレイヤー必携のルールブックです。
created by Rinker
KADOKAWA
¥6,380 (2024/04/19 13:05:20時点 Amazon調べ-詳細)
ルール改定があり7版が出てもなお遊ばれているクトゥルフ神話TRPG6版。個人制作のシナリオの多くが6版で作られていることもあり、まだまだ人気のルールブックです。

関連記事一覧