エルデンリングがTRPGとして2023年に発売予定

エルデンリングをTRPGとして2023年に発売予定

フロム・ソフトウェアより2022年2月25日に発売された『ELDEN RING』(エルデンリング)が、KADOKAWAから『ELDEN RING(エルデンリング)』をモチーフにしたテーブルトークRPG書籍『ELDEN RING TRPG』として2023年早春に発売する予定であることが発表されました。

エルデンリングはPS4やPS5、Xboxなど多くのプラットフォームで世界累計出荷本数1300万本を超える大ヒットを記録し、現在もプレイヤーを増やし続けている大人気のファンタジーRPGです。本書には狭間の地を冒険するための数々のゲームルールと、さまざまな戦技や魔術・祈祷、アイテム、エネミーなどのTRPG用データが収録される予定です。 制作は『DARK SOULS TRPG』に続き、加藤ヒロノリ/グループSNEが担当するとのこと。

TRPG化するメリット

人気ゲームのTRPG化はTRPG界隈としてはメリットは大きいでしょう。エルデンリングで遊んだことはあるもののTRPGをやったことがないユーザーの掘り起こしができるかもしれませんし、ゲームの世界観で遊びたいというTRPGユーザーのニーズも捉えることができます。またエルデンリングが『DARK SOULS』シリーズの王道進化を目標とした完全新規のタイトルとして開発がスタートされているので、先にTRPG化したダークソウルの実績もあることからTRPGとして展開することは難しく無いでしょう。ただ、そのダークソウルTRPGが賛否両論であったことから、人気ゲームの移植だけでなくTRPGユーザーが両手を上げて喜ぶシステムを期待したいところです。

画像はELDEN RING公式サイト (hwww.eldenring.jp)から

created by Rinker
KADOKAWA
¥384 (2022/12/09 05:01:01時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事一覧