ハスブロ、ファンダムからD&D Beyondを買収|D&Dがデジタル面で強化される?

ハスブロ、ファンダムからD&Dビヨンドを買収

TRPGダンジョンズ&ドラゴンズを販売しているウィザーズ・オヴ・ザ・コーストを運営している会社が、D&DデジタルプラットフォームであるD&Dビヨンドを買収するとのこと。

Hasbro Inc.(NASDAQ:HAS)は、当社の画期的なファンタジーフランチャイズであるDUNGEONS&DRAGONSの主要なデジタルツールセットおよびゲームコンパニオンであるD&D Beyondをファンダムから買収することを発表しました。世界最大のファンプラットフォームであるFandomは、2019年からD&D Beyondを所有および運営しており、直接消費者向けビジネスを1,000万人近くの登録ユーザーを持つ市場をリードするロールプレイングゲーム(RPG)デジタルツールセットに成長させました。この戦略的買収は、1億4,630万ドルの現金で、急成長しているデジタル卓上カテゴリにおけるHasbroの能力をさらに強化し、Wizards of the Coastチームにベテランの才能を追加し、すべてのプラットフォームでファンに優れた体験を提供する取り組みを加速します。

2017年以来、D&D BeyondはDUNGEONS&DRAGONS卓上プレイを強化し、2021年にブランドの8年連続で成長を遂げる手助けをしてきました。過去3年間で、D&D BeyondがHasbroに支払ったロイヤリティは、DUNGEONS&DRAGONSの最も急成長している収益源に多大な貢献をしてきました。D&D Beyondの戦略的買収は、ファンとの直接的な関係を提供し、新製品開発、ライブサービスとツール、地域拡大の成長の機会を解き放つための貴重なデータドリブンな洞察を提供します。ウィザードの一環として、ブランドのリーダーシップはまもなく、すべてのプラットフォームで世界最大のロールプレイングゲームの統一されたプレイヤー中心のビジョンを推進できるようになります。

「D&D Beyondの買収は、Hasbroの成長の2つの優先分野であるゲームと消費者への直接の進歩を加速させ、忠実で成長しているプレイヤーベースへの即時アクセスを提供します」と、Hasbro最高経営責任者のクリス・コックスは述べています。「Hasbroのゲームポートフォリオは、業界で最大かつ最も収益性の高いものの1つであり、デジタルを含むブランドを成長させるために戦略的投資を続けています。」

「これは、世界中の何百万人ものD&Dファンを引き付け、喜ばせた変革的なデジタル製品を構築した才能あるD&D Beyondチームにとって完璧な次のステップです」と、ファンダムのCEOであるパーキンス・ミラーは述べています。「D&Dフランチャイズの不可欠な部分として、このチームが次に何をするかを見るのが待ちきれません。ファンダムの3億人以上のグローバルファンにサービスを提供するために、より多くのブランドや製品に投資することを楽しみにしています。」

「D&D Beyondは、過去6年間、デジタル空間で最も価値のあるパートナーの1つであり、クラス最高の才能をチームにもたらすことに興奮しています」と、ウィザーズ・オブ・ザ・コーストとデジタル・ゲーミングの社長であるシンシア・ウィリアムズは述べています。「D&D Beyondのチームは信じられないほどのデジタルプラットフォームを構築し、一緒に世界中のプレイヤーに可能な限り最高のダンジョンズ&ドラゴンズ体験を提供します。」

ハスブロの2つの象徴的なフランチャイズ、ダンジョンズ&ドラゴンズとマジック:ザ・ギャザリングのウィザーズ・オブ・コーストのデジタル成長への継続的な投資は、世界中で30億人以上のプレイヤーと20211年に1,290億ドルの収益を代表するPCとモバイルゲームの重要な機会を代表しています。2019年のPCでのマジック:ギャザリングアリーナの発売と2021年のモバイルでの立ち上げにより、ウィザーズはクラス最高の卓上とデジタルプレイのユニークなエコシステムを構築し、より深いプレイヤーのエンゲージメントと満足度を生み出し、すべての表現と地域で収益を伸ばしました。同様に、D&D Beyondなどのオンラインデジタルプラットフォームの助けを借りて、DUNGEONS&DRAGONSファンの80%以上が2021年に事実上ゲームをプレイしているため、この買収は、新しい市場に参入し、貴重な消費者の洞察を収集し、プレイヤーにすべてのプラットフォームで最高のDUNGEONS&DRAGONS体験を提供するゲームの能力を加速します。

この取引は、慣習的な終了条件と特定の規制当局の承認の受領の対象となり、2022年第2四半期または第3四半期に完了する予定です。この取引は手持ちの現金で資金提供され、2022年の1株当たりの収益と収益にとって重要ではないと予想され、2023年度以降の1株当たり利益に増加すると予想されます。この取引は、ハスブロとファンダムの取締役会の両方によって承認されています。

元のプレスリリースはこちら

この買収により、D&Dのデジタルコンテンツが強化されるほか、D&D Beyondで公開されているUnearthed Wrcana関連が早めにオフィシャル化するかもしれませんね。ただ、まだ詳細の発表は無いにもかかわらず「本とデータと両方買う気はない」と言っている方も多く、デジタルコードが付くことによる値上げも懸念されています。何より日本語版を再度出してほしいところですね。

あなたにオススメの記事