ソード・ワールド2.5サプリメント 「アルフレイム見聞録」が発売

ソード・ワールド2.5サプリメント 「アルフレイム見聞録」発売

国産TRPGとして人気を誇る「ソード・ワールド2.5」で新しいサプリメンドである「アルフレイム見聞録」が発売されました。ソードワールドのサプリメントとしては1月に発売されたドーデン博物館に次ぐ発売になります。


ソードワールド2.5は、日本発のファンタジーTRPGであり、プレイヤーは様々な種族や職業からキャラクターを作成し、剣と魔法の世界で冒険を繰り広げることができます。シンプルかつ柔軟なルールセットが特徴であり、新規プレイヤーにも親しみやすく、戦略性とロールプレイの両方を楽しめるTRPGとして、長年にわたり日本のゲーム愛好家に愛されています。
アルフレイム
このサプリメントは『Role&Roll』に掲載された連載記事に書き下ろしを加えた、アルフレイム大陸の旅行記です。主人公アルスタン・フレイオルヴは、巡見使の使命を帯びて、仲間たちと大陸行脚の旅に出ます。その旅は、大陸北東にあるウルシラ地方──その南西に位置するハールーン魔術研究王国から始まり、西へ、南へと進んでいきます。 各地のさまざまに特徴的な地勢や街並み、文化や特産品などを、アルスタンたちの目線から紹介。これまで語られることがなかったエリアまで足を踏み入れ、その様子を伝えていきます。本書は、読み物として、またワールドガイドとしても読み応え充分なことに加え、ウルシラ地方、ランドール地方、オーレルム地方など、アルフレイム各地で知られる小魔法やアイテム、ローカルな一般技能なども紹介(騎獣や妖精なども、少し)。アルフレイム大陸への理解が深まると同時に、キャラクターロールプレイの幅も広がるものとなっています。

created by Rinker
¥3,300 (2024/04/20 10:29:59時点 Amazon調べ-詳細)

画像は富士見書房公式特設ページから

関連記事一覧