『モノトーンミュージアムRPG 改訂版 -mensural-』が5月31日発売

『モノトーンミュージアムRPG改訂版』が5月31日発売

F.E.A.R手がける『モノトーンミュージアムRPG』が12周年を迎え、新しく『モノトーンミュージアム改訂版』がKADOKAWAから発売されました。多くのユーザーに長年愛されてきた恐ろしくも美しい童話の世界をさらに楽しんでもらうため、システムを調整しデータを最新の環境にアップデートしたルールブックとなっています。これまでに発売されたサプリメントのシナリオやリプレイ、ワールド、マスタリングテクニックも変わらず楽しめる仕様となっており、新規プレイヤーだけでなく、既存のユーザーも引き続き楽しむことができます。

モノトーンミュージアムとは

モノトーンミュージアムは絵師でもあるすがのたすくが『ゲーマーズ・フィールド』で連載されていた“すがのたすくのSRSに挑戦”で、6年にわたって製作されてきたものが製品化されたものです。ゲームの舞台となる世界では、物語が全てを支配し、力を持つ物語「御標(みしるべ)」が神によって語られます。人々はこの御標に従って生きており、御標は本来、人々に幸福をもたらすものです。しかし、異形と呼ばれる魔人たちは、欲望により御標を悲劇へと改変することができます。プレイヤーキャラクターたちの使命は、この異形を倒し、歪められた御標を正すことにあります。御標が歪められると、世界の理そのものが変質し、美しかったものが醜悪なものへと変わる災厄が訪れます。ゲーム内では、プレイヤーキャラクターたちは、絵本のように優しく美しい世界の中に突然現れる残酷で陰鬱なものと対峙することになります。本作は、これにより「アイロニックメルヘンRPG」という独自のジャンルを確立しています。

改訂版が出たことで、これまで遊んできた人はさらに遊びやすく、初めての人は新しい世界観で遊ぶことができます。是非とも、遊びやすくなったモノトーンミュージアムを楽しんでみましょう!
 

[製品情報]
出版社 ‏ : ‎ KADOKAWA (2024/5/31)
発売日 ‏ : ‎ 2024/5/31
言語 ‏ : ‎ 日本語
単行本 ‏ : ‎ 320ページ

created by Rinker
¥3,850 (2024/06/12 19:54:22時点 Amazon調べ-詳細)

画像参照:モノトーンミュージアム公式サイト

関連記事一覧