グレート・オールド・ワンとは|彼方の領域から力を与えるD&D5版ウォーロックのこの世ならぬ契約相手

ダンジョンズ&ドラゴンズではウォーロックが力の源とする契約相手(Patron)もいろいろありますが、契約相手にグレート・オールド・ワンを選ぶウォーロックも存在します。彼方の領域からの力をどのように使うのか、わかりやすいようにウォーロックのグレート・オールド・ワンについて解説します。

この世ならぬ契約相手のグレート・オールド・ワンとは

ウォーロック
この世ならぬ契約相手であるグレート・オールド・ワン(Great Old One)とは彼方の領域の存在であり、その力が使えるようになったウォーロックのサブクラスです。この契約相手のウォーロックはグレート・オールド・ワンと接触するために悍ましい儀式をしたか、グレート・オールド・ワンに引かれて夢の中で触れる体験をしています。彼方の領域とは多元宇宙を超えた空間にあり、そこに棲息しているものはあまりにも異質であるため、その存在を普通に受け入れた者は精神を害すると言われています。あの大いなるクトゥルフもこの多元宇宙に存在しており、一部のウォーロックと契約をしている可能性があります。ソードコーストにおいてグレート・オールド・ワンには特質すべきものとして以下のものが存在します。

  • ケゼフ・・・混沌なる猟犬。
  • ゴーナダー・・・旧き眼、潜むものと呼ばれるアンダーダークの異形どもの神。
  • ザルゴン・・・無敵の暴君、帰り来しものと呼ばる死ぬことのない悪の存在。
  • ティランスラクサス・・・取り憑く霊、燃え上がるものと呼ばる存在で魔法の池を通して影響力を高めようとしている。
  • モーンダー・・・腐敗と腐朽を司る暗黒の存在。
  • 夜の蛇デンダー・・・世界を喰らうもの。最初の悪夢から生まれた子で汚らわしい幻視を貪り食い、世界の終わりの先触れと言わている。

グレート・オールド・ワンの特徴

グレート・オールド・ワンは精神に働きかけるものが多く、14レベルで無力化状態の人型生物であればなんでも隷属化させることができます。また、呪文も精神ダメージを与えたり心に作用するものがリストに追加されます。

この世ならぬ契約相手:グレート・オールド・ワンの特徴 レベル 効果
呪文リスト拡張 ウォーロック呪文のリストが拡張される。
精神覚醒 1 30フィート以内の見える対象にテレパシーで意思疎通ができる。
エントロピーの守り 6 自分への攻撃ロールに対してリアクションを起こして相手に不利を付けることができる。その攻撃がミスになった場合、次のターン終了までの自分の攻撃ロール1回に有利を得る。
思考遮断 10 思考を読まれることがなくなり、精神ダメージに抵抗を得る。精神ダメージを受けた時は相手に同じダメージを与える。
隷属者作成 14 無力化状態の人型生物に触れ魅了する。

ここがスゴイ!グレート・オールド・ワン

グレートオールドワン
グレート・オールド・ワンの特徴は多次元宇宙の外の存在と繋がるためか、精神に語りかけるものが多くあり、自身も精神攻撃に強くなります。テレパシー能力により何かしらの言葉を理解する生物であれば共通言語がなくとも会話することができるため、「説得」や「ペテン」など魅力を活かす交渉もしやすくなります。

「呪文リスト拡張」でウォーロック呪文が増える

グレート・オールド・ワンと契約したウォーロックは以下の呪文がウォーロック呪文リストに追加されます。精神に作用する呪文のほかに、心に話しかけたりする呪文も追加されています。

呪文レベル 追加呪文
1 ターシャズ・ヒディアス・ラフター、ディソナント・ウィスパーズ
2 ディテクト・ソウツ、ファンタズマル・フォース
3 クレアヴォイアンス、センディング
4 エヴァーズ・ブラック・テンタクルズ、ドミネイト・ビースト
5 テレキネシス、ドミネイト・パースン

「精神覚醒」でテレパシー能力獲得

1レベルの時点でグレート・オールド・ワンと契約したウォーロックはテレパシー能力を獲得します。この能力により30フィート以内で見ることができる1つ以上の言語を理解しているものとテレパシー的に会話をすることができます。お互いが理解できる言語を持っている必要はありません。なお、PC作成できる種族以外では以下のような言語があります。

言語 その言語を話すもの
地界語・風界語・火界語・水界語 エレメンタルなどの元素界の存在
アーラコクラ語 アーラコクラ
アンバーハルク語 アンバーハルク
アティアグ語 アティアグ
イエティ語 イエティ
深淵語 ビホルダーやマインドフレアなどの彼方の領域由来の存在
巨人語 巨人
地獄語 下方次元界の存在
奈落語 デーモンなどアビスの存在
ギス語 ギスゼライ、ギスヤンキ
竜語 ドラゴン系
地下共通語 アンダーダークの生物
始原語 太古からの存在
天上語 上方次元界の存在
グレル語 グレル
森語 森林に生息するもの
サフアング語 サフアング
スフィンクス語 スフィンクス
スラード語 スラード
スリクリーン語 スリクリーン
トログロダイト語 トログロダイト
フック・ホラー語 フック・ホラー
ブリーワグ語 ブリーワグ
モドロン語 モドロン
クォーリ語 クォーリ

言語を持つものであれば意思疎通が可能であるため、多くの生物と会話が可能になります。アライメントや種族による価値観を理解して異種族と上手に交渉できるのであればとても有効な特徴になります。コミュニケーションのロールプレイを目指すのであれば妖術の「巧言令色」と相性は良いでしょう。

「エントロピーの守り」で相手のミスを有利に変える

レベル6になるとグレート・オールド・ワンと契約したウォーロックは魔法により攻撃から身を守り、敵の攻撃失敗を自分の幸運に変えることができます。自身が目標となる攻撃ロールが行われた時にリアクションを使い、その攻撃ロールに不利をつけることができます。さらにその攻撃ロールが失敗になると、次のターン終了までにその敵に行う攻撃ロールに有利を得ることができます。この特徴を使用したら小休憩または大休憩が終了するまで再び使うことはできません。

近接武器や遠隔武器による攻撃ロールや呪文で攻撃ロールが行われた場合でもリアクションを行うことができます。

「思考遮断」で精神防御

レベル10になればグレート・オールド・ワンと契約したウォーロックは精神を守る術を身につけます。思考がテレパシーや他の手段で読み取られることがなくなります。また精神ダメージに抵抗を獲得し、精神ダメージを受けた時は常に相手に同量の精神ダメージを負わせることができます。

「隷属者作成」で人型生物を支配する

レベル14になると「隷属者作成」により異質な魔法を用いて人型生物の精神を侵す能力を得ます。1回のアクションを用いて無力化状態である人型生物に触れると、その人型生物は魅了状態になります。この魅了状態は「リムーブ・カース」呪文で取り除かれるか、新たにこの特徴が使用されるまで続きます。また、同じ次元界であればどこにいてもこの人型生物と意思疎通ができます。

魅了状態にすることで、その人型生物から攻撃されなくなるほか、「説得」や「ペテン」など社交的なやり取りを通して何かを行わせようとする時の能力値判定に有利が付きます。またテレパシーができるので安全な遠隔地から人を動かすことができます。

まとめ

いかがでしたか?グレート・オールド・ワンをパトロンにしたウォーロックは異質な力を用いて精神に干渉することができます。ただ目に見えてダメージを与えるものではなく、相手を無力化したり支配したりということに長けているのでロールプレイの難度は高いかもしれません。ただ力押しではない考えた立ち回りが必要になるのでパワープレイに飽きた時はグレート・オールド・ワンと契約してみましょう!

ウォーロックの他の契約相手はこちら

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥5,936 (2022/05/19 12:07:10時点 Amazon調べ-詳細)
D&Dを満喫するための9つの種族と12クラス、呪文や武器、戦闘ルールや能力値の使用方法など満載。プレイヤー必携の基本ルールブックです!

あなたにオススメの記事