サバイバルとは|新クトゥルフ神話TRPGに追加された探索者の生存技能


新クトゥルフ神話TRPGでは極限の環境を生き抜く技能としてサバイバルがあります。その名前の通りの生存技術ですが、どのようにサバイバルを使えば良いか初心者でもわかりやすいようにクトゥルフ神話TRPGでのサバイバルについて解説します。

サバイバルとは

サバイバル(極地)
新クトゥルフ神話TRPGで追加されたサバイバルは探索者が極限の環境において生存していくための知識や技術を意味する技能です。人間の基本能力として極限の環境でも10%の技能を持ちますが、この技能を選択する探索者は対応できる環境を決める必要があります。なお、この極限の環境を考える上では「食糧や水の調達が難しい」「体温維持が困難」「連絡がつかない地域」などを踏まえると良いでしょう。極限環境の例には以下のようなものがあります。

  • 砂漠
  • ジャングル
  • 極地(北極や南極)
  • 地底
  • 山岳
  • 火星

6版ではサバイバルがないため、同様の判定を求めるのであればINTロールやで代用して良いでしょう。

サバイバルの使い方

サバイバルの使い方は探索者が極限の環境にいて行動する、またはその極限の環境についての情報を導き出すときに使います。逆に言えば特定の環境が関係しなければロールすることがない使い所が難しい技能とも言えます。そのため、積極的にこの技能を伸ばす探索者ビルドはなかなか無いのですが、キーパー次第では特定状況下での知識系技能に置き換わることができます。

極限の環境での食料や水の調達

南極や山奥、砂漠などで生命維持のための行動を起こす場合にサバイバルが使われます。知識や経験の中から水を見つけ出すほか、安全に休息できる場所を探し出したり、簡単な罠を仕掛けたり狩りを行って食料を確保するなど技術面をカバーできます。

極限の環境の情報を引き出す

極限の環境に関係するあらゆる知識系技能を代用させても良いでしょう。植物学や動物学、地質学といった科学技能は専門とするサバイバル環境であればサバイバルでロールさせても良いでしょう。その地域にしかない薬草や毒物などの知識を持つことで探索者も生き延びる可能性が上がります。この使い方をする場合、実際に現場にいなくてもロールすることもあるでしょう。

サバイバルに影響を与えるアイテム

サバイバルでは生存活動に役に立つようなサバイバルキットがあれば難易度やボーナスをつけても良いでしょう。また、キットは「機械修理」で自作できるものとすれば探索者もサバイバル生活がしやすくなります。

サバイバルの難易度

サバイバルは難易度は主に外部環境が影響します。一番は天候であり、荒天であれば食糧の調達や安全な避難場所の確保は難しくなるでしょう。また探索者が怪我をしている、また追われているのも難易度が上がる要因になります。

サバイバルを持つ職業

サバイバルを持つ職業は特殊な環境で活動がある、またはその訓練をする職種に限定されるでしょう。士官や兵士など軍務に関わる職業であればサバイバル技術を持ち合わせています。また、南極調査隊のような極限の地域で働く職業でも保有していることがあります。

まとめ

いかがでしたか?サバイバルはあまり使用することがない技能ですが、特定の地域に行くようなシナリオであればロールすることがあります。探索者が生き延びるための技術ですが、細かなロールプレイなしにざっくり生存したと処理するキーパーに便利技能でもあります。実際のところほとんどのシナリオでサバイバルをロールすることはないため探索者作成の時にあまり技能ポイントを回さないかもしれません。ですので、キーパーは是非ともサバイバルが発生するようなシナリオやキャンペーンを用意してみましょう!

created by Rinker
KADOKAWA
¥6,490 (2023/02/02 15:28:38時点 Amazon調べ-詳細)
クトゥルフ神話TRPGの最新版のルールブックです。能力値の見直しや技能の変更、プッシュロールや戦闘マヌーバの追加など、6版のテイストを継承してルールが新しくなりました!神話生物の情報もあるのでこれ一冊で遊べます。キーパー、プレイヤー必携のルールブックです。

関連記事一覧